2012.04.19

バルサ撃破にケーヒルが歓喜「ファンタスティックだ」

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが18日に行われ、チェルシーとバルセロナが激突。ホームのチェルシーが、コートジボワール代表FWディディエ・ドログバの得点を守りきり、1-0で先勝した。
 
 試合後、チェルシーのDFギャリー・ケーヒルは、「まだハーフタイム」と気を引き締めながらも、バルセロナ相手に先勝した好結果に喜びの声を上げた。『スカイスポーツ』が報じている。
 
「ファンタスティックな結果だ。今夜の僕たちは非常に組織的だった。みんなが同じ意識で動いていた。監督のゲームプランを忠実にやり遂げたんだ。本当に上手くいったよ。だけど、まだハーフタイムでしかない。次もハードになるだろうけど、僕たちは素晴らしいスタートを切った」
 
「いつもの僕たちよりは少しディフェンシブだったかもしれない。だけど、相手のポゼッション能力を考慮すると、そうプレーするしかなかったんだ。制圧しようとすれば運の要素がつきまとう。だけど、僕たちは僕たちの仕事に徹底したんだ」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る