2012.04.19

ホームでバルサ撃破のディ・マッテオ監督「完璧だった」

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが18日に行われ、チェルシーとバルセロナが対戦。ホームのチェルシーが、コートジボワール代表FWディディエ・ドログバの得点を守りきり、1-0で先勝した。

 チェルシーのロベルト・ディ・マッテオ暫定監督が、試合を振り返り、以下のように語った。『UEFA.com』が伝えている。

「ほぼ完璧だったね。バルセロナ相手では、とにかく守り、チャンスが来たら逃さず決めるしかないんだ。彼らはボール支配率が高いからね。選手たちはこの試合に対する決意を見せてくれたよ。世界一のチームに勇気を持って挑み、質の高いプレーを披露してくれた。チーム一丸となって戦っていたね。決定機は必ず作れると思っていたが、ディディエ(ドログバ)がしっかり決めてくれた。しかし、勝負はまだ五分五分だよ。セカンドレグは難しい戦いになるだろうね」

「我々のチームは才能にあふれている。経験と野心、そして世界一のチームと張り合う意気込みもある。選手たちには毎回驚かされるよ。クラブにとっても、ヨーロッパの舞台で素晴らしい夜になったよ。アウェーでもチャンスを作り、ゴールを奪えたらいいね。決勝進出を信じて戦うことが大事になる」

 なお、セカンドレグは、24日にバルセロナのホームで行われる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る