2012.04.18

CL準決勝で仰天事件…試合前にC・ロナウドらのスパイクが盗難被害

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが17日に行われ、MF宇佐美貴史が所属するバイエルンとレアル・マドリードが対戦。ホームのバイエルンが2-1と先勝した。

 アウェーでのファーストレグで星を落としたレアル・マドリードだったが、試合前から災難にあっていたとスペイン紙『マルカ』が報じた。

 同紙では、バイエルンとの試合前、レアル・マドリードがスパイクなどの盗難被害を受けていたと報道。

 レアル・マドリードは、ロッカールームから6組のスパイクやユニフォームを盗難され、中にはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやフランス代表FWカリム・ベンゼマ、ドイツ代表MFメスト・エジルらのスパイクも含まれていたと伝えた。また、レアル・マドリードは被害を受け、UEFA(欧州サッ カー連盟)に訴えを出したと報じられている。

 なお、ロッカールームには監視カメラが設置されていた。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る