2012.04.18

決勝点を挙げたバイエルンのM・ゴメス「レアル相手の勝利は格別」

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが17日に行われ、MF宇佐美貴史が所属するバイエルンとレアル・マドリードが対戦。ホームのバイエルンが2-1と先勝した。

 90分に決勝点を挙げたバイエルンのドイツ代表FWマリオ・ゴメスが、試合を振り返り、以下のように語った。クラブの公式HPが伝えている。

「90分に入ってからの勝利は、いつでも格別だよ。さらに、相手がレアル・マドリードだっただけにね。前半と後半の立ち上がり以外は、良いパフォーマンスを出せたよ。失点は悔やまれるね」

「観客が後押ししてくれたね。ものすごい応援だったよ。(ジョゼ)モウリーニョ監督は個性が強い選手がそろったレアル・マドリードを1つのチームにまとめあげている。しかし彼らは、今回はそれを発揮できなかったね。僕らが発揮させなかったんだ」

「2-1は危うい結果でもあるが、僕らの攻撃力があれば、いつでもゴールは奪えるはずだよ」

 また、マリオ・ゴメスの得点をアシストしたキャプテンのドイツ代表DFフィリップ・ラームも、先勝した喜びをコメントした。

「2-1で終われたことが重要だね。ようやくマリオに良いパスが出せ、久しぶりにうまくいったよ。これでマドリードでは、相手が攻撃を仕掛けざるを得なくなったね。我々にとっては有利で、相手の様子を見ながらプレーできるよ」

 なお、セカンドレグは25日にレアル・マドリードのホームで行われる。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る