2012.04.18

清武がニュルンベルクと移籍合意…クラブ間での交渉を残す/独紙

 C大阪に所属する日本代表MF清武弘嗣が、ニュルンベルクへの移籍に合意したとドイツ紙『アーベント・ツァイトゥング』が報じた。

 同紙で、ニュルンベルクのマーティン・ベイダーSD(スポーツディレクター)が「我々は選手と合意しているが、まだ解決はしていない」とコメント。清武側との移籍交渉はまとまったが、C大阪との合意には至っていないことを報じた。クラブ間交渉に関しては、「交渉はもうしばらくかかる可能性がある」と正式合意はまだ先になる見込みだと伝えた。

 また、同紙では清武がU-23日本代表として、7月に開幕するロンドン・オリンピックに出場する可能性にも言及。ベイダーSDは、「我々にとっては、問題はないよ」と移籍が正式決定した際には、清武のオリンピック出場を容認する姿勢を示した。

 ニュルンベルクは、国内リーグ優勝9回の古豪。今シーズンは、ブンデスリーガ第31節終了時点で、11位につけている。

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る