2012.04.17

レアル優勢の下馬評にハインケス監督「どちらが優位とは思わない」

 レアル・マドリードと対戦するチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグを控え、バイエルンのユップ・ハインケス監督が記者会見に臨んだ。レアル・マドリード優勢の前評判を否定し、本拠地での一戦に自信を覗かせている。UEFAの公式HPが伝えている。
 
「両チームともコンディションは万全だ。私はどちらが優位だとは思わない。ミュンヘンで決勝が開催されることが、我々の大きなモチベーションになっている。ホームでの決勝に進むという夢に向け、チーム全員が集中している」
 
 クリスティアーノ・ロナウドへの対策にも触れ、「彼は最初は左サイドにいるはずだが、ゲーム中はあらゆる場所に顔を出すだろう。フィリップ・ラームだけではなく、チーム全体で彼を抑えなければならない。重要なのは試合への入り方だ」と語った。
 
 過去の両チームの対戦では、10勝2分け6敗とバイエルンが勝ち越している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る