2012.04.16

バルサ監督、勝ち点13差からの大逆転優勝に意欲「不可能ではなくなった」

 バルセロナは、14日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節で、レバンテとのアウェー戦で2-1と逆転勝利を収めた。バルセロナは勝ち点を81とし、首位のレアル・マドリードとの勝ち点差4をキープした。

 レバンテ戦後に、バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督が、18日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのチェルシー戦、そして 21日に行われるリーガ・エスパニョーラ第35節のレアル・マドリード戦と大一番が続くことに言及した。クラブの公式HPが伝えている。

 グアルディオラ監督は、「マドリード戦を考えるだけの余力はないよ。今はチェルシーとの試合に集中しなければならない。これはチャンピオンズリーグの準決勝なんだ」と語り、間近に迫ったチェルシーとのアウェー戦にだけ集中していると強調した。

 しかし、リーグ優勝を占うレアル・マドリードとの“クラシコ”にも言及。「マドリードはこれまでに、僅か2敗しか喫していないチーム。恐ろしく厳しい試合になるだろうね。もし負ければ、そこで終わりだよ。どのような状態で試合に臨めるかを見ていきたい。マドリードに勝つには、最高の試合が必要だね」と、語った。

 また、グアルディオラ監督は、これまでにバルセロナのリーグ優勝の芽は潰えたと度々口にしてきた。しかし、首位と勝ち点4差で直接対決を迎える状況になり、「少し不可能ではなくなったね」と告白。最大勝ち点差13からの逆転優勝に向け、意欲を見せた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る