2012.04.15

香川「チームの強さを証明できた。この勝利はサポーターに捧げる」

 ブンデスリーガ第31節が14日に行われ、日本代表MF香川真司が所属する首位ドルトムントはアウェーで日本代表DF内田篤人が所属するシャルケと対戦し、2-1で勝利。2位バイエルンがマインツと対戦し、0-0で引き分けたため、ドルトムントとの勝ち点差は8に開き、次節にもドルトムントのリーグ連覇が決まる可能性が出てきている。
 
 香川はフル出場でドルトムントの25試合連続無敗に貢献した。以下、同選手の試合後のコメント。

――今日はアウェーでのダービーマッチでしたが?

「この試合のためのモチベーションを上げるのがすごく難しかったので、立ち上がりからチームとしてうまくいかなかったです。シャルケも中盤が間延びしていたり、簡単なミスをしていましたけど、彼らのほうがフィジカル的に優れていて、それで攻め込まれてしまいました。試合内容は上位対決にふさわしくなかったかもしれないけど、勝てたことは良かったと思います。特に今日は先制されてからの逆転勝利だったので、このチームの強さを証明できたと思います」

――周りから注目されることで精神的な疲労はありますか?

「僕自身が注目されている感覚はないですけど、終盤でバイエルンと試合をする難しさは感じたし、今日も100パーセントではない中で試合に挑むのは大変でした。でも、投げ出すわけにはいかないので、やれることをやろうと思っていました」

――試合が終わった後にサポーターから“香川コール”が起きていましたが?

「サポーターの後押しが自分たちを勝たせてくれたと思います。この勝利はサポーターのための勝利です」

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る