2012.04.14

ネドヴェド氏「デル・ピエロはユヴェントスの歴史」

 かつてユヴェントスで活躍したパヴェル・ネドヴェド氏は、クラブ通算700試合出場を達成した元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロを褒め称えた。
 
 デル・ピエロは11日、セリエA第32節のラツィオ戦に途中出場。82分にFKを沈めチームを勝利に導いただけでなく、クラブ通算700試合出場も達成。1993年に加入して以来、ユヴェントス一筋を貫いてきた男は、また新たな偉大な記録を達成してみせた。
 
 それでも、“黒と白のデル・ピエロ”が来シーズンも見られるかは不透明だ。昨年11月にアンドレア・アニエッリ会長が「今季がユヴェントスでのデル・ピエロのラストシーズンになる」とコメントし、同選手の今シーズン終了後の退団は確実視されていたが、状況は変わっていないようだ。クラブのゼネラル・マネージャーを務めるジュゼッペ・マロッタ氏は、デル・ピエロとの契約延長について、「我々は将来ではなく、今に集中している」と言葉を濁すに留まり、新契約の交渉が進んでいないことを示唆した。
 
 ネドヴェド氏は、かつてともにプレーしたデル・ピエロについて、UEFA(ヨーロッパサッカー連盟)の公式HPで次のように語り、その功績を称賛している。
 
「デル・ピエロを表現する言葉はなかなか見つけられない。彼はユヴェントスのために約20年間プレーし続けてきた。彼はクラブの歴史だ」
 
「ユーヴェという言葉を聞いて、誰しも最初にデル・ピエロを思い浮かべるはずだ。それが全てを物語っていると思う」
 
「彼とともにプレーしたことは素晴らしい経験だった。彼は偉大なチャンピオンだ。常にハードなトレーニングを真剣に、真剣にこなした。才能だけでは、これほど多く偉業を達成してはいなかっただろう。改めて言うが、彼はユヴェントスの歴史だ」
 
 2001年にユヴェントスに加入したネドヴェド氏は、引退する2009年までデル・ピエロとプレー。2001-02、02-03のリーグ優勝だけでなく、セリエBに降格した2006-07シーズンも残留しクラブのセリエA復帰に貢献するなど、クラブの酸いも甘いもともにした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る