2012.04.12

さらなる進化を誓う香川「厳しい試合の中でも存在感を出せるようになりたい」

 ブンデスリーガ第30節が11日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントがホームでバイエルンと対戦し、1-0で勝利を収めた。

 先発出場した香川は、74分に途中交代したが、ドルトムントは76分にロベルト・レヴァンドフスキが決勝ゴールを決め、リーグ連覇に向けて大きく前進している。

 以下、試合後の香川のコメント。

――次の試合は大事な試合になりそうですね?

「そうですね。次の試合は大事になると思うので勝ちたいですね」

――去年はチームが優勝するのを外から見ていましたが、今年は実際にプレーしてそれを体験できる喜びや責任感などはありますか?

「やっぱりすごいタフだなと思いますし、この中で結果を残すことは難しいことだなと感じています。ただ、ここで戦えていることは選手としてすごく幸せなことなのだなと。これをしっかりと続けていけば達成感は得られるのかなと思います」

――今日の試合は特にプレッシャーがかっていたと思いますが?

「今日は一番プレッシャーがかかっていたと思いますが、勝てたことによってチームとして成長できました。ここ最近は失点する場面が多く、今日もPKを与えてしまいましたが、相手をゼロに抑えたことで強さを示せました」

――これだけ結果を残して来たことによって、自信がついてきたと思いますが?

「チームとしてはすごく大きな自信を得たと思うし、毎試合攻守において相手に対抗できている手応えは感じています。ただ、個人としてはこの試合で結果を残したかったです。こういう厳しい試合の中でも存在感を出せるようにならないといけないし、そういう意味では物足りない結果でした」

――うれしさより、悔しさの方が大きかったですか?

「まあ、半々な感じです」

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る