2012.04.12

シャマフにボルドー帰還説が浮上…金銭面がポイントか

 アーセナルに所属するモロッコ代表FWマルアーヌ・シャマフに古巣ボルドー行きの噂が浮上している。シャマフが減給を受け入れれば、実現する可能性が高まるとのことだ。

 今シーズン、28歳のシャマフはリーグ戦わずか9試合の出場に留まっており、1ゴールしか挙げていない状況だ。アルセーヌ・ヴェンゲル監督は、シャマフがゴール欠乏症に陥っていることに加え、同選手がピッチ外で水タバコを吸うことに信頼を失っている。

 ボルドーのジャン=ルイ・トリオー会長は、フランス『RMC』の取材に対し、シャマフ獲得に向けた交渉を進めていると明かした。

「シャマフとは話をしているし、ボルドーで歓迎されるとも伝えたよ」

「大きな問題となるのは金銭面だ。シャマフはイングランドで高い給料を受け取っているし、アーセナルも相応の移籍金を求めるだろう。だが、シャマフは『もしフランスに帰るならボルドーに』と言ってくれているよ」

 シャマフは2002年から2010年までボルドーに在籍。公式戦301試合に出場し、76得点36アシストをマーク。同クラブとの契約満了後、アーセナルに移籍している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る