2012.04.12

“稀代の悪童”獲得を否定するインテル会長「バロテッリ? 計画に入っていないよ」

 今シーズン、好不調の波が激しく現在リーグ7位に位置するインテル。来シーズンにチーム改革に乗り出すことも噂されているが、チームのマッシモ・モラッティ会長がマンチェスター・Cから放出の可能性を指摘されているFWマリオ・バロテッリの獲得について、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで言及した。

モラッティ会長は、「バロテッリの獲得? 我々の計画には入っていない。彼に何が起きているかは知っている。彼をチームに呼ぶことは良いアイディアかもしれないが、彼の態度はこれまでと変わっていないね」と、バロテッリのプレーは評価しているものの素行の悪さを懸念。バロテッリは2006年から2010年までインテルでプレーしていたが、その間にもピッチ内外で問題を起こしていた。

 また、就任後2勝1分と好調な船出をしたアンドレア・ストラマッチョーニ監督については、「すべて勝つことは期待していない。チームをより良い方向に導いてくれることを期待している」と若手監督に掛かる重圧を少しでも軽くしたいようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る