FOLLOW US

テベス復帰後初得点で快勝のマンC、格下に苦杯のマンUを勝ち点差5で追走

 プレミアリーグ第33節が11日、各地で行われた。

 3試合連続で勝利のなかったマンチェスター・Cはホームでウェスト・ブロムウィッチと対戦した。

 マンチェスター・Cは、6分にセルヒオ・アグエロが幸先良く先制ゴールを挙げると、54分にもアグエロが再び得点。

 61分には、先月21日のトップチーム復帰後、初先発のカルロス・テベスが今シーズン初ゴールを記録。マンチェスター・Cは、64分にもダビド・シルバのダメ押しゴールもあり、結局4-0で快勝した。

 また、首位を走るマンチェスター・Uは、アウェーで降格圏に沈むウィガンと対戦。しかし、50分にウィガンのショーン・マロニーに先制点を許すと、同点ゴールを挙げられないまま、0-1で敗れた。

 この結果、マンチェスター・Uは勝ち点79で首位を維持したが、勝ち点74としたマンチェスター・Cとの差は5に縮まった。なお、ウィガンは勝ち点31に伸ばし、17位に浮上。FW宮市亮の所属するボルトンが降格圏の18位に転落している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA