FOLLOW US

インテル長友が新体制初出場で決勝PKを獲得…逆転勝ちに貢献

 セリエA第32節が11日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはホームでシエナと対戦。2-1で勝利を収めた。

 長友がベンチスタートとなったインテルは、6分にワルテル・サムエルのミスからシエナに波状攻撃を受け、先制点を奪われてしまう。不運は続き、38分にはサムエルが負傷し、長友と交代。長友は左サイドバックに入り、クリスティアン・キヴがサムエルのポジションに移った。なお、長友はアンドレア・ストラ マッチョーニ監督就任後3試合目で初の出場。

 ホームで先行されたインテルだったが、42分にCKから相手のクリアミスを突き、ディエゴ・ミリートがヘディングで同点ゴール。試合を振り出しに戻すと、81分にも左サイドでパスを受けた長友がペナルティーエリアに侵入。相手ともつれて倒されたことでPKを獲得した。

 長友の得たPKはミリートが落ち着いて沈め、決勝点を奪取。インテルは、そのまま逃げ切り、逆転勝利を手にした。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA