2012.04.11

バロテッリに3試合の出場停止処分…危険タックルの追加検証はなし

 FA(イングランドサッカー協会)は、8日のアーセナル戦で退場処分を受けたマンチェスター・Cに所属するマリオ・バロテッリに対し、さらなる出場禁止処分を与えないことを発表した。今回の決定により、バロテッリは3試合を欠場することになる。
 
 バロテッリはアーセナル戦で、2度のイエローカードを受け、試合終盤に退場。3試合の出場停止処分を受けていた。さらに、前半20分相手のMFアレクサンドル・ソングに対し、足裏を向けたタックルを行い接触。主審からのお咎めはなかったが、危険な行為であったとして追加処分が下される可能性が浮上していた。
 
 FAは次のようにコメントし、バロテッリにさらなる出場停止処分を下さないことを発表した。
 
「前半20分、マンチェスター・Cのマリオ・バロテッリがアーセナルのアレクサンドル・ソングと接触したシーンについて、映像を用いて検証することはしない」
 
「映像判定は、ボールから離れたところで生じた、ジャッジの余地あるプレーに対して用いられる。FIFA(国際サッカー連盟)とも合意しているが、ボールがあるシーンで、審判が見えなかった出来事について、イングランドで映像判定を行うことはない。バロテッリの件も同様だ」
 
 しかし、ロベルト・マンチーニ監督は残り試合でバロテッリが出場することはないと明言しており、仮に処分が解かれても、同選手がピッチに立てるかどうかは不透明な状況だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る