FOLLOW US

4発快勝バルサが10連勝で首位レアルに肉薄…暫定で勝ち点1差

 リーガ・エスパニョーラ第33節が10日に行われ、バルセロナがホームでヘタフェと対戦した。

 リーグ戦9連勝中のバルセロナは、試合開始からヘタフェを攻め立てると、13分に先制ゴールを奪取。アレクシス・サンチェスがリオネル・メッシの胸でのパスを受け、鮮やかなミドルシュートを突き刺した。

 ホームで幸先良く先制に成功すると、44分にもメッシがアンドレス・イニエスタとのワンツーでペナルティーエリアに侵入。左足の強烈なシュートで追加点を挙げ、前半を2点リードで折り返した。

 後半に入っても勢いを落とさないバルセロナは、73分に右サイドを突破したイサーク・クエンカからのクロスをアレクシス・サンチェスが頭で叩き込み、3点目。75分にも、メッシのFKをペドロ・ロドリゲスがヘディングで合わせ、4点目を奪った。

 結局、バルセロナは4-0で快勝を収め、リーグ戦10連勝を達成。勝ち点を78まで伸ばし、首位のレアル・マドリードに暫定で勝ち点差1と迫った。

 なお、レアル・マドリードは11日にアトレティコ・マドリードと“マドリード・ダービー”をアウェーで戦う。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA