FOLLOW US

首位レアルがホームでバレンシアに痛恨ドロー…2位バルサと勝ち点4差

 リーガ・エスパニョーラ第32節が8日に行われ、レアル・マドリードがバレンシアと対戦した。

 ホームで戦うレアル・マドリードは、前半からバレンシアを攻め立てるが、なかなか得点を奪えない。8分にクリスティアーノ・ロナウドがポスト直撃のミドルシュートを放つが、前半は無得点のまま折り返す。

 レアル・マドリードは、スコアレスで迎えた後半開始からアンヘル・ディ・マリアを投入し、交代策で打開を図る。しかし、バレンシアのティノ・コスタにクロスバーを叩くミドルシュートを打たれるなど、幾度かピンチも迎えてしまう。

 レアル・マドリードは、カカやホセ・カジェホンと交代カードを次々切り、得点を狙うが、結局無得点のままタイムアップ。0-0の引き分けに終わった。

 この結果、レアル・マドリードは、勝ち点79で首位を守ったが、前日に勝利した勝ち点75の2位バルセロナに勝ち点4差と接近された。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA