FOLLOW US

セルティックが中村俊の在籍時以来、4季ぶり43回目のリーグ制覇

 スコットランド・プレミアリーグが7日に行われ、セルティックがキルマーノックとアウェーで対戦。6-0と圧勝し、43回目のリーグ制覇を果たした。

 セルティックは、キルマーノック戦の勝利で勝ち点を81まで伸ばした。この結果、勝ち点63で2位のレンジャーズは残り5試合全勝しても、セルティックには及ばないことになり、優勝が確定した。なお、レンジャーズは、破産申請により勝ち点10を剥奪されている。

 指揮官として、初タイトルを獲得したセルティックのニール・レノン監督は試合後、「私にとって、これまでで最も大きな成果だよ。タイトルを取ることは簡単ではないが、見事に成し遂げた。この若いチームは何か特別なものを築きつつあるんだ。選手たちは素晴らしいプレーを見せ、堂々と優勝を決めてくれた。そ れには心底感動したよ」と喜びのコメント。『UEFA.com』が伝えている。

 セルティックのリーグ優勝は元日本代表MF中村俊輔が在籍していた2007-2008シーズン以来、4シーズンぶりとなった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA