FOLLOW US

ドルト香川が絶妙スルーパスで先制点を演出…ヴォルフス破り貴重な勝ち点3を奪取

 ブンデスリーガ第29節が7日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはアウェーで日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクと対戦し、3-1で勝利を収めた。

 11日に2位バイエルンとの直接対決が控えているドルトムントにとって、是が非でも勝利がほしい試合。4-5-1のトップ下で先発した香川は、見事に先制点を演出する。22分、香川が左サイドのイヴァン・ペリシッチに絶妙なスルーパスを送ると、ペリシッチの折り返しをロベルト・レヴァンドフスキが合わせてゴールネットを揺らした。

 ドルトムントは、49分にもイルカイ・ギュンドアンがゴールを決め、2点のリードを奪うものの、61分に失点し、1点差に詰め寄られる。73分には、左サイドからのボールを香川がDFと競り合いながら右足でシュートを放つが、惜しくも枠の外へ。なかなか追加点を奪えないドルトムントだったが、90分にレヴェンドフスキがこの日2点目となるゴールを奪い、勝利を決定付けた。

 先制点を演出した香川は、4試合連続ゴールとはならず、81分に途中交代。長谷部はベンチスタートとなり、出場なしに終わっている。

[写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA