FOLLOW US

長友2戦連続出番なし、インテルは敵地で引き分け…森本も出場せず

 セリエA第31節が7日、各地で行われた。

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、カリアリとアウェーで対戦。2-2で引き分けた。

 長友が2試合連続でベンチスタートとなったインテルは、開始早々の5分に先制を許すが、直後の6分にディエゴ・ミリートが同点ゴールをねじ込む。

 追いついたインテルだったが、61分にカリアリのマウリシオ・ピニージャに勝ち越し点を奪われてしまう。ところが、得点したピニージャが喜ぶ際にユニフォームをたくし上げたことで、2枚目のイエローカードを受け、退場処分となった。

 思わぬ形で数的有利になったインテルは、64分にディエゴ・フォルランのクロスをエステバン・カンビアッソが押し込み、再度同点に追いつく。しかし、その後に勝ち越し点は奪えず、同点のままタイムアップを迎えた。長友は2試合連続で出場なしに終わっている。

 また、FW森本貴幸が所属するノヴァーラは、ホームでジェノアと対戦。前節のローマ戦でゴールを決めた森本は出場機会を得ることができなかった。試合は1-1の引き分けに終わっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA