FOLLOW US

優勝へ、兜の緒を締めるファーディナンド「まだ終わったわけじゃない」 

 マンチェスター・Uに所属するDFリオ・ファーディナンドは、タイトルレースは終了していないとし、油断せず結果を出し続けていくことが重要だと語った。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 ユナイテッドは、2日に行われたプレミアリーグ第31節のブラックバーン戦に2-0で勝利し、勝ち点3を獲得した。同節2位のマンチェスター・Cがサンダーランドに引き分けたため7試合を残し、マンUはその差を5ポイントにまで広げることに成功。このため、ユナイテッドがタイトルレースで有利に立ったとの見方が強い。
 
 しかし、ファーディナンドは優勝が決まったわけではないと警告。シーズン終了まで最大限集中することが大切だとし、選手に気を抜く余裕はまったくないと主張した。
 
「僕たちは今の望んだ順位にいることができている。しかし、まだ終わったわけじゃない。多くの試合が残されている」
 
「僕らはミスを犯してはならない。もしこれからの試合で良いパフォーマンスを行い、欲しい結果を手にすることができれば、シーズンの終わりにトロフィーを掲げることができるだろう」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO