FOLLOW US

再負傷のパトは今季絶望…ドクター「何が原因か分からない」

 ミランに所属するブラジル代表FWアレシャンドレ・パトが、今シーズンの残り試合をすべて欠場することになった。
 
 パトはアメリカに渡り治療を受けた後、3日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグのバルセロナ戦で復帰。しかし、わずか13分で負傷により交代を余儀なくされていた。アメリカから帰国後、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長は「(パトのけがについて)確実な解決策を見つけた」と語っていただけに、ミランにとってパトの再離脱はショックの大きいものとなってしまった。同選手は2010年1月以来、実に13回のけがに悩まされている。
 
 ミランのチームドクターであるジャン・ピエール・メールセマン氏は、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の取材に対し、「パトのシーズンは終了した」とコメント。さらに次のように続けた。
 
「彼の負傷しやすい筋肉を治療するべく、ドイツやアメリカに飛んだ。すべての治療を終え、戻ってきたんだ。完治したように見えたよ。私の精神療法士に、彼のために祈るよう頼みもしたんだが……」
 
「私はバルセロナ戦の後、眠ることができなかった。パトの再負傷については私に責任がある。ただ私自身、何が原因か分からない。2年間解決されていない問題を、3週間で解決することは私にはできなかった」
 
「パトはこれまで13回けがを治してピッチに戻ってきたが、完治していないのは明らかだ。正直、このような事態は予想していなかった」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO