2012.04.05

決勝点を含む2ゴールのC・ロナウド「最高のパフォーマンスを見せた」

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが4日に行われ、レアル・マドリードがホームでアポエルと対戦。5-2で快勝し、2試合合計スコア8-2でベスト4進出を決めた。



 アポエル戦で先制点と決勝点をマークしたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、試合後に快勝を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

 C・ロナウドは、チームの3点目を直接FKで挙げたことについて、「最近はFKがうまくいっている」と満足した様子でコメント。「次の試合でもこの流れが続くことを願っているよ。チームは素晴らしい試合をして、自分だけでなくみんなが最高のパフォーマンスを見せているからうれしいね」と快勝を喜んだ。

 また、準決勝でのバイエルン戦についても言及。「次に対戦するバイエルンは非常に難しい相手。厳しい戦いが控えている。彼らはチャンピオンズリーグを勝ち取る可能性を持ったチームなんだ」と警戒した。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る