2012.04.04

ベスト4進出に大きく貢献のリベリー「レアルとの準決勝なら最高」

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが3日に行われ、MF宇佐美貴史が所属するバイエルンがホームでマルセイユと対戦。イヴィツァ・オリッチの2得点で2-0の快勝を収め、2試合合計でも4-0と上回り、準決勝進出を決めた。



 試合後、バイエルンのフランス代表MFフランク・リベリーが快勝を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

 リベリーはマルセイユ戦の勝利について、「みんな満足しているよ。連係も非常に素晴らしく、良いサッカーができているね。普段はベンチの選手達も、全力を尽くしている。オリッチに代わり、僕もとても喜んでいるよ。次の準決勝の相手はおそらくレアル・マドリードだね。僕らにとって最高だよ」

 リベリーは、13分にオリッチが挙げた先制点をアシスト。37分のオリッチの2点目もドリブルで持ち出し、カウンターの基点になるなど大車輪の活躍を見せ、快勝に大きく貢献していた。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る