2012.04.04

バロテッリへの人種差別的コールにより、UEFAがポルトに罰金

 UEFA(ヨーロッパサッカー連盟)は、ポルトに対し2万ユーロ(約220万円)の罰金を科すことを発表した。2月の行われたヨーロッパリーグ1回戦のマンチェスター・Cとの戦いで、相手FWマリオ・バロテッリに対し、サポーターが人種差別的コールを行ったことが原因だ。
 
 事件は2月16日、ドラゴン・スタジアム(ポルトの本拠地)で行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦、ポルト対マンチェスター・Cとの試合で勃発。シティは、バロテッリが相手サポーターから人種差別的コールを受けたとして、UEFAに抗議していた。
 
 ポルトを率いるビクトール・ペレイラ監督は、サポーターを擁護。バロテッリに対し、人種差別的な意味合いのコールを送ったのではなく、エースストライカーである「フッキ」の名前を呼び続けていたのだと述べ、人種差別的なものではなかったと主張していた。
 
 しかし、UEFAはポルトの言い分を取り下げ、サポーターによる人種差別的発言により、ポルトに2万ユーロの罰金を科すことを発表している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る