2012.04.03

ウォルコットが宮市の活躍に賛辞「相手選手は対戦を嫌がるはず」

 アーセナルに所属するイングランド代表FWのテオ・ウォルコットは、ボルトンにレンタル移籍中のFW宮市亮について、「対峙するサイドバックはリョウとの対戦を嫌がるはずだ」と語った。クラブの公式HPが伝えている。

 宮市は1月にボルトンへ加わって以来、レギュラーとして活躍。リーグ戦での得点はまだないものの、鋭いドリブルからアシストを記録するなど、ボルトンの攻撃陣を奮起させた。宮市の奮闘もあり、チームはリーグ3連勝を記録するなど勢いに乗っている。

 ウォルコットは宮市について、「リョウはすごく良くやっているよ」とコメント。さらに、「彼のスタイルを考えれば、相手のサイドバックは『対戦したくない相手だな』と考えるはずさ」と、宮市が相手にとって脅威の存在となっていると語った。

 また、チームメートのファブリス・ムアンバが試合中に倒れたことには、「間違いなくリョウもショックを受けたはずだよ」と気を使いつつ、「でも彼は人間としても選手としても成長するだろうし、来年、ここに戻ってきてコンスタントにプレーできるようになると思うよ」と成長に期待を寄せた。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る