2012.04.01

5戦連続スタメンの宮市が攻守に存在感…ボルトンはリーグ戦3連勝

 プレミアリーグ第31節が31日に行われ、日本代表FW宮市亮が所属する17位ボルトンはアウェーで最下位ウォルヴァーハンプトンと対戦し、3-2で逆転勝利を収めた。

 リーグ戦5試合連続のスタメン出場となった宮市は、右サイドで鋭いドリブル突破を見せ、決定機を演出。37分にはCKからピンチを迎えるが、宮市がゴールライン上でクリアを見せ、守備でも存在感を発揮した。

 試合は53分にウォルヴァーハンプトンが先制するものの、ボルトンは63分、マルティン・ペドロフがPKを決めて同点に追いつく。これで勢いに乗ったボルトンは80、84分にも立て続けにゴールを決めて逆転に成功。88分には1点差に詰め寄られるものの、何とか逃げ切り、貴重な勝ち点3を手にした。

 残留争いのライバルから勝利を収めたボルトンは、これでリーグ戦今季初の3連勝。攻守に存在感を見せた宮市は、77分に途中交代している。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る