2012.03.31

酒井と初対戦の香川「落ち着いて堂々とプレーしていた」

 ブンデスリーガ第28節が30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、ホームで日本代表FW岡崎慎司とDF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトと対戦し、4-4で引き分けた。
 
 香川は33分に3試合連続となるゴールを奪い、今シーズン12点目をマーク。2006-07シーズンにフランクフルトの元日本代表FW高原直泰(清水)が記録した欧州主要1部リーグでの日本選手最多得点の11得点を上回るシーズン最多得点記録を樹立し、81分に途中交代した。
 
 一方、酒井は右サイドバックでフル出場。積極果敢な攻撃参加を見せ、4点を奪ったシュトゥットガルトの攻撃陣に勢いを与えている。
 
 香川は、初対戦となった酒井について、「すごく落ち着いていた。ただセンタリングを上げるだけではなくて、ニアのスペースにボールを出したり、うまくやっていたと思う」とコメント。「しっかり堂々とプレーしていた」と酒井のプレーぶりを称賛した。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る