2012.03.31

ドローに悔しがる香川「これが優勝争いをするチームのプレッシャー」

 ブンデスリーガ第28節が30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、ホームで日本代表FW岡崎慎司とDF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトと対戦し、4-4で引き分けた。

 香川は33分に3試合連続となるゴールを奪い、今シーズン12点目をマーク。2006-07シーズンにフランクフルトの元日本代表FW高原直泰(清水)が記録した欧州主要1部リーグでの日本選手最多得点の11得点を上回るシーズン最多得点記録を樹立し、81分に途中交代した。

 香川は2度のリードを守り切れずドローとなったことについて、優勝争いのプレッシャーを感じていることを明らかにしている。

―チームの雰囲気はどういう感じでしたか?

「悔しいというかチームもそうですし、僕自身もガックリきた感じです。ただ、仕方ないですし、次のヴォルフスブルク戦までには切り替えたいと思います。やっぱりこれが優勝争いをするチームのプレッシャーなのかと。シャルケ、ヴォルフスブルク、バイエルン戦と試合が続く中で、勝ちきれなかったことは痛かったですけど、これからリーグ戦で白熱した試合が続くのかと思います」

―(ユルゲン)クロップ監督が今週チームの雰囲気を引き締めるようにしていいたようですが?

「今日は金曜日の試合であまり時間がなかったので、しっかり切り替えやろうかなと自分の中で準備していました。そのおかげで前半はうまくいっていたと思います」

―体力の回復の具合はどうでしたか?

「この前の試合からだけではなくて、後半戦に入ってからプレッシャーの中で戦っているのでバイエルンもそうだと思いますけど、厳しさを感じています」

―みんなの足が70分ぐらいから急に止まり始めたと思いますが?

「そうですね。それがチームの良い点でもあるんですけど。それがはまらないと今日みたいに厳しい展開になりますね。ペースが少し速すぎたのかなと」

―以前より周りのチームの状況が気になることがありますか?

「もちろん気になることはありますけど、周りがどうこうじゃなくて自分たちのサッカーをするように言い聞かせています。もちろんプレッシャーはありますけど、それは自分たちの気持ち次第だと思うので。楽しみながら、ポジティブに気持ちを持てれば良いなと」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る