2012.03.31

今季12点目で高原超えの香川「得点のチャンスはあると思っていた」

 ブンデスリーガ第28節が30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、ホームで日本代表FW岡崎慎司とDF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトと対戦し、4-4で引き分けた。

 香川は33分に3試合連続となるゴールを奪い、今シーズン12点目をマーク。2006-07シーズンにフランクフルトの元日本代表FW高原直泰(現清水)が記録した欧州主要1部リーグでの日本選手最多得点の11得点を上回るシーズン最多得点記録を樹立し、81分に途中交代した。酒井は右サイドバックでフル出場、岡崎はスタジアムに姿を現したものの、ベンチ外となった。

 以下、試合後の香川のコメント。

-香川選手がベンチに下がってから、だいぶ試合が動きましたがどうでしたか?

「珍しい試合というか、これまで後半で4失点したことはなかったですし。ホームだから勝ちきりたかったし、チャンスはあったわけですから。そういう意味では先週の後半とはまったく逆になってしまいましたね」 

-2対2のところまで香川選手はプレーしていたわけですが、チームに動揺はありましたか?

「動揺っていうよりは相手の勢いをすごく感じたし、後半戦彼らも得点を重ねていたから、実際パワープレーのような感じでしたが、迫力はすごい感じました。でも、そこでなかなか自分たちが盛り返せなかったのかなと。3点目がなかなか取れなかったですね」

-今日は最初から結構シュートを打ちに行っていましたが、相手の守備はルーズでしたか?

「そうですね。前半から自分のところにこぼれ球が来ていたから、チャンスはあるなと思っていました。得点を決められたことは良かったですけど、後半はもっと効率の良い攻撃ができたし、決められるチャンスはもっとできたと。でも、噛み合ない部分がありましたね」

-最初の得点の場面は香川選手がサイドを変えて、そこからすばらしいゴールが生まれましたが?

「チームとしていい形で取ったゴールだと思います」

-ゴールの後に(セバスティアン)ケール選手のところに喜びに行っていましたが?

「あれは良く落としてくれたから、すごく感謝しています」

-2対0になってから一度チームが落ち着いてしまったようですが?

「2-0になって落ち着いてしまったっていうのはありましたし、どこか今日も行けるっていう雰囲気はありました。その中でフンメルスが3点目を取ったことは大きかったです。チャンスはいっぱいあったのでもったいなかったですね」

-2点取ってから、チームとしてパスを回してボールを落ち着かせることができませんでしたが、そこはどうでしたか?

「2-0になった段階でちょっと攻められた時に、前でもっとボールをまわして落ち着かせる時間帯が必要でした。イケイケでどんどんカウンターを仕掛けるのもいいですけど、ボールが収まらなかったりミスがあったりしました。僕たちの試合展開的にはもっと考えてやるべきだったと思います」

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る