FOLLOW US

クロップ監督、壮絶な打ち合いに「クレイジーな試合だった」

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは30日、日本代表FW岡崎慎司とDF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトと対戦。試合は4-4の引き分けという壮絶な乱打戦で幕を閉じた。試合後、ユルゲン・クロップ監督とDFマッツ・フンメルスは、試合結果に悔しさをにじませるコメントを残している。
 
 クロップは『スカイスポーツ』に対し、「クレイジーな試合だった。私がこれまで経験してこなかったことがいくつか起きた。2-0にしてから我々はおかしくなったね。2点目で試合は決まったと思ったよ」とコメント。試合展開への驚きとともに、2点のリードを守り切れなかったことを悔やんだ。
 
 フンメルスも、「僕たちはシュトゥットガルトの攻撃に耐えられるペースで試合を運べていなかった。後半だけで、彼らに4点を取られ引き分けで試合を終えてしまった。とても苦々しい経験だ」と語り、勝ち点3を得られなかったことに唇をかみしめている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO