2012.03.31

ウディネーゼMFの行き先はインテルか…代理人「ファーストチョイス」

 ウディネーゼに所属するチリ代表MFマウリシオ・イスラの代理人は、日本代表MF長友佑都が所属するインテルへの移籍を“ファーストチョイス”だと語った。
 
 23歳のイスラは、今シーズン2月にひざを負傷するまで主力としてリーグ戦21試合に出場。高いパフォーマンスを披露していた。現在、チェルシーやパリSG、ロコモティフ・モスクワなどが関心を持っているとされている。
 
 しかし、移籍先の有力候補となっているのはインテルのようだ。インテルのテクニカルディレクターを務めるマルコ・ブランカ氏は、イスラ獲得について考慮していることを認め、さらに同選手の代理人も、『tuttomercatoweb.com』でインテルは魅力的な選択肢だと語っている。
 
「実際、インテルからは本当に興味を抱いてもらっている。マルコ・ブランカも同じことを言ってくれているよ」
 
「だが、他のヨーロッパのクラブもイスラに関心を持っている。例えば、我々はすでにパリSGと話をしている。何にせよ、3月の時点で移籍について語るのは早すぎるがね」
 
「インテルは、イスラにとって確実に満足を得られるチームだ。確実にファーストチョイスとなり得る重要なクラブだよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る