2012.03.30

シャルケ内田「2-1から同点にされたところでガクッと来てしまった」

 ヨーロッパリーグ準々決勝のファーストレグが29日に行われ、シャルケはホームでビルバオと対戦し、2−4で敗れた。右サイドバックとして先発フル出場した日本代表DFの内田篤人は試合後、以下のように語っている。

−試合の印象について

「コーナーの失点が痛かったですね。2対1でもう少し粘れていたら良かったですね。なかなかコーナーとかセットプレーとかでやられる記憶はあまりないんですけど。その分ちょっとガクってきましたね」 

ーそれで精神的にやられましたか?

「周りをぱっと見た時に下を向いている選手が多かったので、やっぱりずっしりきたんだなって」

ー実際に試合をやってみて相手のレベルはどうでしたか?

「バレンシアのほうが強いなと思いましたけどね。なんかいけるのかなと。終わってみれば残念ながら2対4で負けてしまいましたが。スペインぽいというか。回そうと思えば回せるし、カウンターも狙ってくるし。3点目、4点目はカウンターだったかな。うまく試合を運んできたかなって感じはしますけど」

ー時間帯によっては問題も修正されていたようだし、普段のブンデスリーガの試合では2対1で勝っていると相手の心が折れることが多いと思いますが?

「結構スペイン人は粘りますね。バレンシアもそうだったけど。最後の最後までがんばりますね。特に自分たちがホームの時は集中が切れてもおかしくないんですけどね。逆にインテルなんかはすぐに集中が切れていましたけどね。イタリア人っぽいというか。スペイン人は諦めないし、情熱があります」

ー相手がアウェイにもかかわらず、すごい勢いで攻めてきておどろきましたか?

「そんなことはないです。まわそうと思えばやっぱり彼らはうまいので、まわされてもおかしくないなと。まわされるのか、まわしておくのかと思っていましたけどね。低い位置でまわされるのは別にいいんですけど。やっぱり、今日はセットプレーですよ」


[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る