2012.03.29

レアル・マドリードのモウリーニョ監督、CLで節目の通算50勝

 今シーズン、2003-04シーズンのポルトおよび2009-10シーズンのインテルに続き、史上初となる異なる3チームの指揮官としてのチャンピオンズリーグ制覇の期待が掛かっているレアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が、27日に行われた準々決勝ファーストレグのアポエル戦で節目の記録を達成した。

 この試合、圧倒的にボールを支配しながらもアポエルの体を張った守備に苦しめられたレアル・マドリードだが、72分にベンゼマのゴールで先制すると、80分には途中出場のカカー、90分には再びカリム・ベンゼマと8分おきに追加点を奪い、終わってみればアウェーの初戦に3‐0で快勝した。

 そしてモウリーニョ監督は、この白星によりCLでの通算勝利数を50の大台に乗せた。その内訳は、ポルトで10勝3分4敗、チェルシーで16勝8分8敗、インテルで11勝6分4敗、レアル・マドリードで13勝3分1敗となっており、合計では50勝20分17敗となる。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る