2012.03.29

CLベスト4に向け意気込むリベリー「絶好調の状態を維持しないと」

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが28日に行われ、MF宇佐美貴史の所属するバイエルンはアウェーでマルセイユと対戦。ドイツ代表FWマリオ・ゴメスとオランダ代表FWアルイェン・ロッベンの得点で2-0と快勝した。

 先発出場し、78分に交代するまでプレーしたバイエルンのフランス代表MFフランク・リベリーが、試合を振り返ってコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

 リベリーは快勝した試合について、「今日は非常に重要だったね。とても良い試合ができたよ」と手応えをコメント。

 続けて、「だけど、まだ終わりじゃないんだ。ホームでのリターンマッチが残っている。しかし、当然ながら有利な位置についたのも事実だね。現在は非常にコンパクトで、規律正しく、アグレッシブに一丸となりプレーできている。絶好調だよ。この調子を維持しなくてはいけないね」と、セカンドレグに向けて気を引き締めながらも、チームの好調ぶりに満足している様子だった。

 なお、今シーズンのチャンピオンズリーグの決勝戦は、バイエルンのホームスタジアムで行うことが決まっている。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る