FOLLOW US

元インテル指揮官ベニテスがモラッティを揶揄「彼の決断にはもう驚かない」

 元インテルのスペイン人監督、ラファエル・ベニテス氏が、クラウディオ・ラニエリ前監督を解任し、36歳のアンドレア・ストラマッチョーニ新監督の招へいを決断したマッシモ・モラッティ会長を揶揄した。

 イタリアのラジオ局『マナマナ』のインタビューに応じたベニテスは「モラッティの決断には、もう何も驚くことはないよ」と言明。「予期できなかった決断ではない。彼はラニエリを解任することを決めた。この決定はモラッティのものだ」とし、今シーズンの2度目の指揮官解任劇を決断したモラッティに皮肉を述べている。

 ベニテスは昨シーズンの12月、モラッティによってインテルの指揮官を解任されており、「クラブからのサポートがなかった」など、度重なる非難をしていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO