2012.03.29

ホームで完敗のデシャン監督「一流のチームはどういうものか教えられた」

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが28日に行われ、マルセイユはホームにMF宇佐美貴史の所属するバイエルンを迎えた。マルセイユは、バイエルンのドイツ代表FWマリオ・ゴメスとオランダ代表FWアルイェン・ロッベンにゴールを許し、0-2と敗戦を喫した。

 試合後、マルセイユのディディエ・デシャン監督はゲーム内容を以下のように語った。『UEFA.com』が伝えている。

「ホームで黒星をつけられ、かなり厳しくなったね。今のバイエルンは、多くの面において高いクオリティを持っている。局面に応じたプレーを非常に上手くこなし、攻撃に勢いがあり魅力的だよ。我々にも収穫はあったが、先制点を前半終了間際に許したのは痛かった。失点までは、あまりチャンスを作られていなかった。しかし、相手は偉大なチームで、少ないチャンスでもダメージを与えることができたんだ」

「まだチャンスは残っているが、それも僅かだね。ホームで0-2の敗戦となれば、最高の状況とは言えない。立ち直るのに1週間あり、ベストは尽くすが、バイエルンはホームで非常に強い。経験では彼らが上に位置し、前半にはミスもしてくれたが、我々はそれを生かせずに、苦しめられた。一流のチームがどういうものかを教えられたね」

 マルセイユは4月3日にアウェーで行われるセカンドレグで、逆転での準決勝進出を懸ける。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る