2012.03.28

ボルトン宮市、トッテナム戦では好プレー示せず平均的な評価

 FAカップ準々決勝の再試合が27日に行われ、宮市亮が所属するボルトンはトッテナムと対戦。宮市は先発出場したが、1-3で敗れている。

 同試合は17日に開催されたが、ボルトンのMFファブリス・ムアンバが試合中に倒れたため、途中で打ち切られていた。

 イギリス紙『サン』は採点を発表。宮市は「6」と平均的な点数が付けられたものの、高いパフォーマンスを示すことはできなかった。

 全選手を通じての最高点はボルトンのGKアダム・ボグダンで「9」。3失点したものの、スーパーセーブを連発した守護神に高い評価がつけられた。なお、トッテナムの最高点は、スコット・パーカー、ギャレス・ベイル、ラファエル・ファン・デル・ファールト、エマニュエル・アデバヨールの「8」だった。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る