2012.03.28

敵地での完封勝ちに満足のディ・マッテオ監督「これ以上にない結果」

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが27日に行われ、チェルシーはアウェーでベンフィカと対戦。75分にコートジボワール代表FWサロモン・カルーが挙げた1点を守りきり、1-0で先勝した。

 試合後にチェルシーのロベルト・ディ・マッテオ暫定監督が、敵地で挙げた勝利を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。

「素晴らしいね。これ以上ない結果だよ。無失点で切り抜けられたのも大きい。守備については、非常に良かったね。試合前からゴールが欲しくて、何度か惜しいチャンスもあった。パウロ・フェレイラもよくやってくれたよ。長い離脱から復帰して、良い仕事をしてくれたね」

「90分間常に走り、チャレンジして、タックルをする必要があったんだ。ベンフィカが速いテンポでプレーするのはわかっていたから、そういうプレーが大事で、戦える力を持ったメンバーを選ぶことも重要だった。守りでは、危険な場面は見られなかったはずだよ。セットプレーから何度かチャンスを作られたが、それ以外はペトル(チェフ)が防いだものも数えるほどで、ほとんどが遠くからのシュートだったね」

「まだ90分間ある。それがサッカーなんだ。ベンフィカがホームで負けたのは久しぶりで、我々がどれだけ良い出来だったかを象徴していると思うね」

 セカンドレグはチェルシーのホームで4月4日に行われる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る