2012.03.28

ドルトムントがゲッツェとの契約延長を発表…香川との契約延長も間近か

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは27日、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェとの契約を2016年6月まで延長したと発表した。

 負傷で戦線離脱し、4月中旬の復帰が噂されているゲッツェは、契約延長について「ドルトムントでプレーするのは本当に楽しい。チームはこれからもっと強くなるし、僕もその躍進に貢献したいんだ」とコメント。

 ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、「マリオはチームの中核を担う選手。我々はこれからも彼とともに歩んでいけることをとてもうれしく思っているよ」と話している。

 ドイツ紙『ビルト』によると、年俸は現在の100万ユーロ(約1億1000万円)から460万ユーロ(約5億円)となり、チーム一の稼ぎ頭に。また、移籍金は3000万ユーロ(約33億円)になると予想している。

 さらに同紙は、香川との契約延長も間近であり、近日中にも発表があるのではと報道。来シーズンからは、今シーズンのボルシアMGの躍進を支えているドイツ代表MFマルコ・ロイスの加入も決定しており、香川の契約延長が実現すれば、ドルトムントの勢力はさらに増すこととなりそうだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る