2012.03.27

チームを擁護するチェルシー暫定指揮官…ランパードの発言が発端か

 チェルシーのロベルト・ディ・マッテオ暫定監督は、クラブのクオリティについて擁護するコメントを発表している。所属するMFフランク・ランパードが、自身とチームのクオリティについて「かつてほど良くない」と主張し、波紋を呼んでいた。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 現在、チェルシーはリーグ戦5位。チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位トッテナムを勝ち点5差で追う厳しい状況となっている。ランパードは『チェルシーTV』で、今シーズンのブルーズ(チェルシーの愛称)について、衰えを指摘していた。
 
 しかしディ・マッテオは、チェルシーにとって困難なシーズンになっていることを認めつつ、選手たちのクオリティについては信頼しているとコメントしている。
 
「多くの人から言われているように、チェルシーにとって今シーズンは難しいものになっている。我々が直面している現状は、否定しようのないことだ」
 
「しかし、このチームにはクオリティと多くの良い選手たちがいる。私は、今のチェルシーは非常に良いチームだと思っているよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る