2012.03.26

ドルト香川「最近アシストしてもらったのでギュンドアンに得点してほしかった」

 ブンデスリーガ第27節が25日に行われ、日本代表MFの香川真司が所属するドルトムントはアウェーでケルンと対戦し、6-1の逆転勝利を収めた。香川は2得点を挙げて今シーズンのリーグ戦では通算11得点。ドルトムントは無敗記録を21試合に伸ばした。

試合後のインタビューで、香川は以下のように語った。

ー前半相手に先制されてどうでしたか?

「別に気にしていませんでした。もちろん失点しないほうがいいのは分かっていましたが、ケルンもホームの利を生かしていなかったので大丈夫でした。彼らはボールに対して闘争心をむき出しにしていたわけではなかったので、ボールを自分たちでつなぐことができました。ただ、自分たちのパスミスやサポートの質が良くなくてスピードが上がることが前半ではなかったです」

ー後半には守備の意識が改善されましたが、ハーフタイムでの指示は?

「そのことは監督も言っていたし、自分達も感じていました。後半の最初に得点できてその後の試合をうまく運べたと思います」

ー1点目のシュートはすごかったですね

「とりあえずいいボールが来たし、レヴァンドフスキがめずらしく譲ってくれたのでうまく合わせることだけ意識しました」

ーそのあとのギュンドアンの得点シーンでも、シュートを打てたと思いましたが?

「彼は最近自分のアシストをしてくれてたし自分のことをよく見てくれていたので、彼にアシストしてあげたいという思いがありました。それに自分も疲れていたのでもう一歩いく体力がありませんでした。だから、確率の高いほうを選びました」

ーみんなゴールに絡んでいい意味で余裕があるようですが?

「そうですね。みんながいい判断ができてると思います。それはいいことだと思います」

ー2点目はどうでしたか?

「あれは練習でやっているようなイメージ通りのゴールでした」

ーここ最近急に暑くなって今日昼の試合でしたが?

「それはみんないっしょだし、それで相手の体力が落ちるっていうのは分かっていました。自分達が逆にコンディションが良ければ有利になるのでそれは歓迎ですね」

ー難しい試合が続いた後、6対1という大量得点で勝ちましたが?

「一試合一試合が勝負だから別に関係ないです」

ー次の試合は中4日ですが?

「ホームで戦えるのはすごく大きいですし、夜の試合なのでリカヴァリーする時間は十分あるのでリフレッシュしていきたいと思います」

ーこれまでアウェーではあまりゴールを決めていませんでしたが?

「今日は本当に決めるという強い意識を持って試合に挑みました。特に後半は絶対に決めようと思っていたので結果を出せて良かったです」


[写真]=千葉格

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング