2012.03.25

宮市、2試合連続決勝点をアシスト…ボルトンは今季初のリーグ戦連勝

 プレミアリーグ第30節が24日に行われ、日本代表FWの宮市亮が所属するボルトンはブラックバーンと対戦。宮市は前節のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)戦に続き、決勝点をアシストし、2−1での勝利に貢献した。

 ホームのボルトンはなかなか攻撃の形ができなかったものの、宮市やマルティン・ペトロフの両ウィングが中心となり、徐々にブラックバーンを押し込む。

 すると29分、デヴィッド・ウィーターが先制点を挙げてボルトンが先制する。さらに6分後の35分には、宮市のCKから再びウィーターが叩き込み、追加点を決めた。

 ボルトンは後半、ブラックバーンに押し込まれて56分にスティーヴン・エンゾンジに1点を返されてしまうが、その後は得点を与えず。攻撃面では宮市が縦への突破から絶妙のクロスボールで好機を演出した。

 結局、ボルトンは追加点を奪えなかったものの、2−1で勝利。宮市は2試合連続で決勝点となったゴールをアシストし、今シーズン初のリーグ戦での連勝に貢献している。


[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る