2012.03.23

リヴァプール、スアレスと契約延長交渉開始か

 リヴァプールは、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスと契約延長交渉を行う準備をしていると明かした。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 昨年、リヴァプールはスアレスをアヤックスから2280万ポンド(当時のレートで約30億8000万円)で獲得。5年半契約を結んでいた。
 
 しかし今シーズン、スアレスは様々な騒動の当事者となってしまった。まず10月15日に行われた第8節のマンチェスター・U戦で、相手DFパトリス・エヴラに対し人種差別的発言を行い、FA(イングランドサッカー協会)から8試合出場停止処分を受けた。さらに2月11日、復帰後初となったユナイテッド戦で、試合前にエヴラとの握手を拒否し多くの批判を呼んだ。
 
 これらの騒動もあってか、スアレスには移籍話が浮上。特に、パリSGは獲得に高い意欲を見せている。この事態を受けリヴァプールは、エースを残留させるべく延長交渉の準備を始めた。
 
 また、スアレス自身、リヴァプールで幸せだとコメントしており、クラブにもその旨を伝えたという。リヴァプールの取締役は、フットボールディレクターであるダミアン・コモリが、スアレスの代理人とすぐにでも交渉を始めることを期待していると語った。
 
「ルイスは2016年まで契約している。彼は留まりたいと言ってくれている。私はダミアンが彼の代理人と話し合うことを確信している」
 
 スアレスはリヴァプールに来て以来、公式戦43試合に出場。15ゴール10アシストを記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る