2012.03.22

バイエルンをドイツ杯決勝進出に導いたノイアー「決勝進出は既定路線」

 ドイツカップ準決勝が21日に行われ、U-23日本代表MF大津祐樹が所属するボルシアMGとMF宇佐美貴史が所属するバイエルンが対戦。0-0のままPK戦に突入した試合はバイエルンが4-2で勝利し、決勝戦進出を決めた。

 PK戦では、バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、ボルシアMGの4人目のキッカーであるノルウェー代表DFホーヴァル・ノルトヴェイトのシュートをストップ。チームを勝利へと導いたノイアーは、試合を振り返ってコメントを残している。クラブの公式HPが伝えた。

「本音はPK戦の前に試合を決めて欲しかったね。(PK戦は)運が左右するからね。ただ、素晴らしいキッカーがそろっていて助かったよ。個人としてもチームとしても、勝ち進むことが既定路線だったんだ。何としてもベルリンで決勝戦を戦いたいと思っていたが、それを達成できたね」

 また、ユップ・ハインケス監督も「ノイアーは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたね。まずは(マルコ)ロイスに対し、素晴らしいセービングを見せ、PK戦も決定的な場面でシュートストップを見せてくれた」と殊勲のノイアーを称えた。

 バイエルンは5月12日にベルリンで行われる決勝戦で、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る