2012.03.22

マンCのテベスが約6カ月ぶりにトップチーム復帰…決勝アシストの活躍

 マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、21日に行われたプレミアリーグ第29節のホームでのチェルシー戦に途中出場。約6カ月ぶりにトップチームのピッチに立った。

 テベスは1点ビハインドの65分に途中投入され、ホームの観客から拍手とブーイングが入り交じる中の出場。サミル・ナスリの決勝点をアシストし、2-1の逆転勝ちに貢献した。

 テベスは昨年9月27日のチャンピオンズリーグ・グループリーグのバイエルン戦で途中出場を拒否。ロベルト・マンチーニ監督は戦力外とみなし、テベス自身もアルゼンチンに帰国していた。しかし、先月に謝罪を表明し、試合復帰を目指していた。

 なお、テベスのトップチーム出場は、昨年9月21日に行われたカーリングカップのバーミンガム戦以来、約6カ月ぶりとなった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る