2012.03.21

ボルトン監督、選手たちとムアンバの面会を明かす「彼は戦っている」

 ボルトンのオーウェン・コイル監督が、17日のFAカップの試合中に倒れたMFファブリス・ムアンバについて思いを語った。『スカイスポーツ』が報じている。

 ムアンバは自発呼吸を行い、質問に応答するなど回復の兆しを見せているが、依然として集中治療室での治療が続けられ、予断を許さない状態が続いている。

 コイル監督はムアンバの状態を説明するとともに、ボルトンのメンバーがムアンバに面会したことも明かしている。

「医師はまだ判断するには時期早々だと強調していて、引き続き容態を診ているという現状だ。投薬を行わずに彼の心臓は動いているが、ムアンバと彼の家族の長い旅は始まったばかりだ」

「今日はボルトンのメンバーが見舞いに訪れて、ムアンバと少し会話することができた。彼は戦っているし、彼の家族は強さを見せている。そして世界中からの激励に感謝している」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る