2012.03.20

マンUのファーガソン監督「タイトル争いは予想がつかない」

 マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は、マンチェスター・Cとのプレミアリーグ優勝争いについて、シーズン終了間近を迎えるまでもつれるとの見解を示した。
 
 ユナイテッドは18日、ウォルヴァーハンプトンに5-0で大勝。2位のシティより1つ消化試合が多いものの、4ポイント差をつけ首位に立っている。
 
 一方のシティは、21日にチェルシーと対戦する。アンドレ・ビラス・ボアス前指揮官を解任後、ロベルト・ディ・マッテオ暫定監督の下で復調傾向にあるチェルシーとの対戦は、シーズンの行方を左右するものだとの見方もある。しかし、ファーガソンは『スカイスポーツ』の取材に対し、“隣人”の結果に関係なく、勝ち進んでいかなければならないと語った。
 
「私はいつもベストを望んでいるが、最悪の事態も視野に入れている。タイトルレースはどう転ぶかまだ予想のつかない展開だ。残りあと9試合しかない。1つ1つ勝利を重ね、我々が望んでいるものを手にしたいと思っている」
 
「ウルヴス(ウォルヴァーハンプトンの愛称)戦で、シティとの得失点差を5も縮めることができた。3差まで迫ることができたね。シーズンの終わりに、重要な意味を持つかもしれないよ」
 
「シティは水曜日にチェルシーとの大一番が待っている。チェルシーは調子を取り戻した。とても面白いゲームになるだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る