2012.03.19

イタリア紙、長友の運動量を評価するも「プレーのクオリティは?」

 セリエA第28節が18日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはホームでアタランタと対戦し、0-0のスコアレスドローに終わった。

 長友は左サイドバックでフル出場。しかし、インテルは前半にPKのチャンスをフイにするなど、ホームで痛い引き分けを喫し、公式戦3連勝を逃している。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、長友を「5.5」と採点し、「ハードワークを見せたが、プレーのクオリティは?」と寸評を掲載。持ち前の豊富な運動量は評価したものの、プレーの質には疑問を呈した。

 なお、インテルの最高評価はハビエル・サネッティの「6.5」。最低評価はPKを外したディエゴ・ミリートの「4」となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る