2012.03.19

インテルのラニエリ監督、ドローにも「ギブアップするつもりはない」

 インテルは18日に行われたセリエA第28節でアタランタと対戦し、0-0のスコアレスドローに終わった。インテルは最近の公式戦5試合でわずか1勝にとどまっている。
 
 クラウディオ・ラニエリ監督は悲観することなく、最後まで諦めずに戦い続けると主張した。クラブの公式HPが伝えている。

「落胆はしていない。なかなか良い結果が出ないが、諦めないよ。私は40年サッカー界にいるが、これほどまでにポジティブなクラブは見たことがないよ。(マッシモ)モラッティ会長もハーフタイムに励ましにロッカールームきてくれた。スポーツは勝つこともあれば負けることも、引き分けることもあるんだ。我々はギブアップするつもりはない」

 また、ディエゴ・フォルランが出場を拒否したのではないかということについては「拒否したわけではない。戦術の中で、あるプレーについて要求したんだ。そしたら彼は『自信がない』と答えたんだ」とコメントし、確執を否定した。

 7位のインテルは、チャンピオンズリーグ圏内の3位ラツィオとの勝ち点差が7ポイントとなっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る